気象サイエンスカフェ in 名古屋

サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が飲み物を片手に気軽に科学などの話題について語り合う新しいコミュニケーションの場です。 東海支部では、毎年、日本気象学会中部支部と共催で気象サイエンスカフェを開催しています。

2018年2月10日(土)、三重県四日市市にて 第14回 気象サイエンスカフェを開催しました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。 次回は秋に開催する予定です。

第14回 気象サイエンスカフェ in 四日市

日時:2018年2月10日(土) 17:00〜19:00 (受付開始 16:30)
会場:諏訪栄町珈琲 (近鉄四日市駅徒歩 5分) 四日市市諏訪栄町15-3 有馬ビル2階
主催: (公社)日本気象学会中部支部、(一社)日本気象予報士会東海支部

テーマ:「春一番は なぜ吹くのか?」

春一番のメカニズム、春一番が早く吹く年と遅く吹く年の違いは?
地球温暖化したら春一番はどうなるのか?

スピ−カ−
 ・三重大学 生物資源学研究科 西井和晃 准教授
 ・三重テレビ 多森成子 気象キャスター

サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が飲み物を片手に気軽に科学などの話題について語り合う新しいコミュニケーションの場です。 今回14回目となりますが、これまで開催してきた名古屋から初めて四日市で開催することとしました。

[申込要領]
参加費:700円 (ドリンク、ケーキ)
定員:50名 (先着順)
対象:どなたでも参加できます
申し込み期限:2018年2月9日(金)

[スピーカーのプロフィール]
 西井和晃 (にしいかずあき) さん
  専門分野:異常気象、温帯低気圧など
  略歴:平成18年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 特任研究員
      平成23年 東京大学先端科学技術研究センター 助教
      平成28年 三重大学大学院生物資源学研究科 准教授

 多森成子 (たもりせいこ) さん
  三重テレビ気象キャスター、気象予報士、防災士、NPO法人気象キャスターネットワーク会員、
  三重県エネルギービジョン推進会議委員、環境省地球温暖化防止コミュニケーター。
  2003年に気象予報士資格取得。現在は、三重テレビ気象キャスターとして気象情報を担当。
  出演番組「三重テレビNEWSウィズ」(月〜金17:40-18:00、21:55-22:10)、
  「みえの風紀行」(毎月第二日曜日18:30-18:45) ほか。
  また、テレビに出演する傍ら、小学校の出前授業、イベントや企業などで、
  気象・防災・地球温暖化をテーマにした講演活動を行う。

【第14回気象サイエンスカフェ in 四日市】 案内 (PDFファイル)

過去に開催したサイエンスカフェ

過去に開催したサイエンスカフェを参照ください。