日本気象予報士会 東北支部 / 過去の報告 / 平成24年11月3日 11月例会・秋の案内会

支部トップへ / 過去の例会報告へ


平成24年11月例会・秋の案内会

日時:平成24年11月3日(土・祝)13:30−17:00
場所:仙台市中央市民センター第1セミナー室A

参加者(計20名)
 支部会員16名、新規合格者2名、仙台管区気象台 中本業務課長、野澤通信課長

  1. 1.自己紹介、近況報告
  2. 事務連絡
    (1) 気象サイエンスカフェ、12月22日(土)テーマは「地球温暖化と農業」
      司会、ファシリテータは予報士が担当する。
    (2) 支部連絡会議、11月17日(土) 氏家、杉山参加予定
    (3) 12月例会、仙台管区気象台見学会、中本業務課長よりご案内
    (4) みちのくプロジェクト、出前講座講師候補の募集開始
    (5) 2013日本気象学会秋季大会(仙台)スペシャルセッションについて
  3. 秋の案内会、2名の新規合格者にご案内
  4. 話題提供
    (1)長尾さん 名護を通過した2つの台風の風の強さとエコーについて
    (2)鈴木さん 異常気象の定義とその頻度について、定義を再確認し正しく使う
    (3)相沢さん 「いわき」か「小名浜」か、気象情報発表の地名について
    (4)大谷さん 尾瀬登山のようす、天気図と雲行き
  5. 気象講演会「ファシリテータについてー農業と温暖化を例としてー」
    (仙台管区気象台中本業務課長)
    来る気象サイエンスカフェに予報士がファシリテータとして参加することを念頭にご講演をいただいた。



<懇親会> 天海ハマ市場(仙台駅東口) 参加17名

 今回は、中本課長のご講演が予定されていたこともあり大勢の皆さんにお集まりいただきました。
 そして新規合格の方も二人参加され、充実した例会となりました。野澤通信課長も見学に来られ、終了後は中本、野澤両課長と新規合格のお二人を交え飲み放題で大いに盛り上がりました。

 来月の例会は仙台管区気象台見学会となり、中本課長がとても張り切って準備をして下さっています。
 昨年の見学会(30名)に負けず劣らずたくさんの皆さんに集まってもらい、盛大な会にして行きたいです。


日本気象予報士会東北支部

東北支部あてメール エス・イー・エヌ・ディー・エイ・アイ・エス・エイチ・アイ・ビー・ユー@ワイ・オー・エイチ・オー・ドット・ジェイ・ピー