日本気象予報士会 東北支部 / 過去の報告 / 平成23年12月仙台管区気象台講義、仙台管区気象台・東北支部連携事業「みちのくプロジェクト」初打合会

支部トップへ / 過去の例会報告へ


平成23年12月 仙台管区気象台講義受講
  仙台管区気象台・東北支部連携事業「みちのくプロジェクト」初打合会


 平成23年12月10日(土曜日) 10:40〜17:15
  仙台管区気象台 4階会議室


支部会員参加29名(これまででおそらく最高人数)

[支部の皆様へ]※露場での集合写真は、支部専用ダウンロードサイトに掲載しました。

挨拶・スケジュール説明

1 業務業務概要説明 業務課 課長補佐

2 観測の概要説明 観測課 課長
  気象測器の仕組み
  目視観測 

(12:00〜13:10 昼休み)

3 観測露場見学と観測実技 観測課課長
   実習「目視観測、アスマ ン比較観測」(観測課)

4 予報現業室見学 予報課課長

5 週間予報実習 予報課予報官2名
  ・資料の種類と見方の説明
  ・予報考察・作成(12月2日から6日までの週間予報)
  ・会報・討論

6 地震火山現業室見学  地震火山課課長

7 仙台管区気象台・日本気象予報士会東北支部 連携事業打合せ(4階会議室)

 1) 気象庁総務部 民間事業振興課 企画調査係長
    「局地的大雨等への被害軽減に向けた取り組み」
    ((社)日本気象予報士会と気象庁の連携)
 2)気象予報士会:気象予報士会
    日本気象予報士会常務理事防災知識普及担当幹事
    「お天気フェアーの実施状況とBPの進捗状況」
 3)仙台管区気象台
   「出前講座の回数、理科特別授業、出前講座リスト」
   「出前講座で使用されている資料」
    ・地球温暖化ってナニ
    ・局地的大雨から身を守るために
    ・台風・大雨・天気予報
    ・山岳地域における気象変化の特徴
    ・東北地方の気候の変化
 4)その他
    小川東北支部長から「連携事業に取り組む意気込み」について
    仙台管区気象台と気象予報士会と事業を連携できることは
   素晴らしことである。両者が対等の立場で事業展開していくこと。
    まだまだ運営面の問題あり、今後つぶしていく。
    皆ができる範囲で徐々に、できる範囲でやっていけば良いのでは。
    また、自分の地域ではおれがやるんだという意気込みも大切 等


日本気象予報士会東北支部

東北支部あてメール エス・イー・エヌ・ディー・エイ・アイ・エス・エイチ・アイ・ビー・ユー@ワイ・オー・エイチ・オー・ドット・ジェイ・ピー
支部長:小川栄造