日本気象予報士会 東北支部 / 過去の報告 / 平成22年2月 予報士会本部主催 気象技能講習会

支部トップへ / 過去の例会報告へ


2月は日本気象予報士会本部主催による気象技能講習会(長期予報)が仙台市戦災復興記念で開催されましたので、その内容をお伝えします。
2月の支部としての例会は休会でした。

平成21年度第2回気象技能講習会(仙台会場)の報告です。

  1. 日 時: 平成22年2月6日(土) 13時30分〜16時30分(開場:13時)
    場 所: 仙台市  戦災復興記念館 4階第1会議室
   
  2  講習内容:
    長期予報における資料の見方や着目点、アンサンブル予報による、1カ月
    ・3カ月予報および暖候期・寒候期予報や解説資料の読み方など、長期予報の
    基礎的な知識を学ぶ。

 3.講 師: 酒井重典さん(本会 代表理事)
  -------------------
 日ごろは天気予報ばかりで、「長期予報」までじっくり見ていないので
勉強になりました。講義ノートも39ページあり、これで復習をするのも
良いかと思います。直近のデータは本会の会員情報管理ページから
「スグダス2」に入れば、生のデータが取れます。
「長期予報」は「季節予報」と言ったほうが分かりやすいです。

仙台では非常に強い寒さが続き、当日も大雪の荒れた天候でしたが、
その日を境に翌日以降とても暖かくなりました。そんな大きな変化の
さなかに、講習会では前日に発表された1ヶ月予報の資料を元に(講義ノートにも
載っていない)
解説していただいたため、長期予報がとても身近なものに感じられ、
とても意義深い講習会となりました。

----------------
 懇親会は近くの稲荷小路の「北の一」で開催され
13名が参加しました。酒井会長、作野理事を囲み
地酒の飲み放題で大いに盛り上がりました。

今回も東北各県から参加していただきましたが、当日の悪天による
交通障害のため遅刻を余儀なくされた方もいらっしゃいました。

当日、ひどい悪天の中、東京から遠路おいでいただいたお二人、
ご講演をいただいた酒井会長、万端の準備でサポートしていただいた作野理事、
本当にありがとうございました。



日本気象予報士会東北支部

東北支部あてメール エス・イー・エヌ・ディー・エイ・アイ・エス・エイチ・アイ・ビー・ユー@ワイ・オー・エイチ・オー・ドット・ジェイ・ピー
支部長:小川栄造