日本気象予報士会 東北支部 / 過去の報告 / 平成21年9月例会

過去の例会報告へ / 支部トップへ

東北支部9月例会 酒田測候所見学会の報告です。

 参加者は12名で、宮城にとどまらず、岩手、山形、福島、栃木、そして遠路東京からも参加がありました。
 また、支部メンバー以外の方の参加もあり、大変に盛会でした。

 今回の見学会は10月に無人化される酒田測候所の所長のお取りはからいにより、実現しました。

行程 9月5日(土)

 所長には、無人化移行準備でお忙しい中、見学会はもとより、昼食、懇親会、そして観光までお世話を頂き、参加者一同とても充実した一日を過ごすことができました。

以上、東北支部9月例会 酒田測候所見学会の報告でした。


山形県 酒田駅。庄交バスターミナルはこの左側方向歩いて3分程度。
酒田駅前

昼食後、ジャンボタクシーでウメの標準木がある日和山公園の高台へ。
下に見える白の建物は、六角灯台。
風が強いことから風車が市内のあちこちに設置されている。
日本海の向こう側に、飛島がうっすら見えた。(写真では判別できないですが)
日和山公園

公園のすぐとなりに、「おくりびと」NKエージェントのロケ地になった旧料亭が。
今回は中にまでは入らず。
この建物の反対側の神社の境内に、ウメの標本木がある。
NKエージェント

タクシーのおじさんが予定外ではあるが案内してくれたので、そのまま穀物の倉庫群(山居倉庫)も見ていくことに。北前船の船運で栄えた酒田。倉庫群が立ち並び、現在も使用されている。ケヤキ並木がきれい。
山居倉庫

百葉箱は飾りか昔使っていたものかと思っていたが、中をのぞいてみると、デジタル温度・湿度計があってきちんと使われていた。
山居倉庫の百葉箱

今月で閉鎖になってしまう酒田測候所の門柱と、ウィンドプロファイラーを守るためのドーム
測候所門柱とウィンドプロファイラードーム

建物は木造平屋だが、これも秋から冬には取り壊されてしまう運命に。。。
白の円筒は、データ送信のバックアップ衛星回線。
衛星回線

露場。工事のため、まわりのフェンスは撤去されているが、「入り口」だけがまだ残されている。皆律儀にこの入り口を開けて路上内を観察させて頂く。
この右手に、完成したばかりの観測・通信機器を格納するコンクリート小屋がある。
酒田測候所露場

庁舎内に地震計が設置されている。
庁舎内地震計

上の写真の地震計コンクリート基礎の手前左側に、一等重力点の「びょう」がある。
一等重力点

庁舎の測風塔に昇る。現在、風向風速計は敷地内の鉄塔に設置されているため、ここにあるのは日射計、日照計のみ。東に、鳥海山を臨む。
測風塔から鳥海山を臨む

有人観測の歴史にピリオドを打とうとしている酒田測候所をあとにする。
測候所全体

例会後、酒田港の飛島行きフェリー乗り場の2階で海の幸をご馳走になる。
乗り場のデッキ。
今年の夏はほとんど休みが取れなかった。日に当たるのは朝だけで、家に帰るのは、風呂に入って数時間寝るためだけ。。。まともに空を眺めるのも久しぶり。夏も終わり、秋のにおいが。何とも言えないけだるさが漂う。
皆さん、お疲れ様でした。
また、所長には昼食や懇親会、酒田案内までして頂き、今年唯一の夏休みらしい休みになりました。感謝です。
ニューとびしま


(参考)当初のforum上の予定

 平成21年9月5日(土)
   酒田測候所(山形県)見学(13時〜15時)

    測候所長のご配慮で土曜日に見学させて頂きます。
    仙台から8時か9時代の高速バスか、現地集合となります。
    連絡については支部メーリングリストあて、または支部連絡責任者までメールで連絡ください。

   参照:[forum: 45604] 【東北】9月例会 酒田測候所見学会のご案内
      支部メーリングリストでメールが届いている方は
      [sendai-kishou:2407]第1報及び[sendai-kishou:2407]第2報を参照)

 ※酒田測候所閉鎖直前で最後の機会!(10月1日から無人化)
  ウィンドプロファイラの施設を見させていただく絶好の機会です。
  なお、現在観測中の機器については見ることが出来ると思いますが、無人用の観測機器については現在局舎工事の基礎工事があるため残念ながらそこまでは見ることは出来ないとのことです。
  ただ、今回は現在の測候所が開いている最後の姿を見るわけですので、無人用機器についてはまたの機会で。

== 行程 =forum:45604==============
行きのバス
 8:30 仙台駅前宮交案内所(広瀬通)集合
 8:40 本荘営業所行き(宮城交通バス)乗車
11:20 庄交バスターミナル(酒田)下車

見学会
11:30 庄交バスターミナル集合
12:00 昼食
13:00 酒田測候所見学
15:00 見学終了

懇親会
16:00−17:30

帰りのバス
庄交バスターミナル発    仙台着
 15:20     18:45 (宮城交通バス)
 16:20     19:45 (宮城交通バス)
 17:10     20:10 (宮城交通バス 本荘営業所始発)
 18:00     21:25 (山形交通バス) 
 18:30     21:55 (宮城交通バス)

直接現地集合解散で参加していただいても結構です。

交通費は仙台ー酒田で片道3100円、往復で5800円です。
バスは座席指定で、往復運賃はあらかじめ往復の座席を予約しないと適応されませ
ん。
従って、自分の乗る行きと帰りのバスを決めてそれぞれ個人で予約を
してください。ファミリーマートやローソンでも予約発券が可能です。

参加の希望や詳細についてのお問い合わせは
東北支部連絡責任者杉山までお願いいたします。
===============================
・HP担当者注
 関東方面からですと、JR東日本の土日きっぷ(前日まで購入可)
(南東北・関東・甲信越乗り放題の18,000円)で
  山形新幹線新庄→陸羽西線→余目→羽越本線→酒田のコースが安いかと思います。
 朝早い時間の列車ですと11時半頃には酒田に着きます。
 なお、数千円プラスで新幹線で8時半前に仙台着→バス同行も可能です。
 盛岡方面からであれば、東西の便が多い新幹線で秋田まで出て酒田に行くのが
楽かと思います。

日本気象予報士会東北支部

東北支部あてメール エス・イー・エヌ・ディー・エイ・アイ・エス・エイチ・アイ・ビー・ユー@ワイ・オー・エイチ・オー・ドット・ジェイ・ピー
支部長:小川栄造