気象技能講習会(予報技術) 開催案内
 

各位

気象技能講習会(予報技術)を下記のとおり開講します。

予報士会では、最新の気象知識・技術を学びその応用能力の向上を目指すことができる場として気象技能講習会を設け、平成21年から毎年全国各地で開催しています。

今年度の予報技術の講習会は、以下の内容で行います。

    2013年6月21日

一般社団法人日本気象予報士会
気象技能講習会運営委員会


                      記

         気象技能講習会(予報技術) 開講案内


◆盛岡会場

【講師】
 鈴木和史先生

【開催場所・日時・定員】
 日 時 :2013年7月6日(土)13:30〜16:30
 会 場 :盛岡市民文化センター(マリオス)5階第2会議室
      (http://www.malios.co.jp/)
 定 員 :30名程度


◆東京会場

【講師】
 阪本孝廣先生

【開催場所・日時・定員】
 日 時 :2013年7月13日(土)13:30〜16:30
 会 場 :気象庁講堂
      (http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/map.html)
 定 員 :100名



【受講料】
 会 員 :3,000円 (講義ノート代金及び実習資料代金を含む)
・講義ノートを印刷物として希望される方は、実費料金(1,000円)をいただきます。
・また、講義ノートのベースとなる平成24年度予報技術研修テキスト(1,400円)も同時に購入可能です。


【応募方法】
・会員は、会員情報管理ページ ( https://center.camj.jp/ )からお申し込み下さい。
   ※会員情報管理ページの操作方法が分からない場合は、
    日本気象予報士会事務局 jimu@yoho.jp までお問い合わせ下さい
・非会員の方は、まずはメールで、jimu@yoho.jp 宛にお問い合わせください。
・開催日の10日前までにお申し込みください。ただし、定員に達し次第締め切りますのでご注意ください。


【講義ノートについて】
 本講習専用の講義ノートを作成しました。このノートは、当日会場で配布しますが、受講をお申し込みいただいた方は、講習会費入金確認後、ご案内するウェブサイトから事前にダウンロードし、予習することが可能です。


【受講料・テキスト代金のお支払いについて】
 受講料等は、お申し込み後、個別にご案内する振込先口座に事前振込していただきます。


【その他のお問い合わせ先】
 jimu@yoho.jp (電話でのお問い合わせには応じることができません。)


【参考】
 講義内容

(1)トピックス
・平成24年度に気象庁が実施した業務改善の中から、気象予報士として知っておくべき項目、「土壌雨量指数と流域雨量指数の改善」「海上予報警報の改善」「メッシュ平年値2010」「気象庁ホームページにおける気象情報の色合いの統一」を紹介する。

(2)顕著な気象事例の解説
・顕著な気象事例として「平成24年4月2〜3日に急発達した低気圧」を取り上げ、「実況の経過」「数値予報の特徴」「発達の要因」「構造の特徴」について、気象予報士として理解しておくべきことを解説する。

(3)実習
・気象予報士として必須な解析技術について、実習を通して理解を深め、予報作業へ活用出来るようにする。
・今回は、「平成24年4月2〜3日に急発達した低気圧」の中で、「局地解析の鉄則」「解像度を上げると見えてくるもの」「地形を考慮すること」を理解し、アメダスを含む局地解析に関する実習作業を行う。


【今後の予定】

◆大阪会場
 日 時 :8月4日(日) 13:30〜16:30
 場 所 :阿倍野市民学習センター講堂
 講 師 :三木芳幸

◆福岡会場
 日 時 :8月10日(土) 9:30〜12:30
 場 所 :都久志会館601号室
 講 師 :大西晴夫

◆名古屋会場
 日 時 :8月17日(土) 13:30〜16:30
 場 所 :未定
 講 師 :伊東譲司

◆札幌会場
 日 時 :8月24日(土) 13:30〜16:30
 場 所 :未定
 講 師 :永澤義嗣

◆長野会場
 日 時 :8月24日(土) 13:30〜16:30
 場 所 :松本市(予定)
 講 師 :阪本孝廣

◆山陰会場
 日 時 :10月26日(土) 13:30〜16:30
 場 所 :出雲科学館
 講 師 :三木芳幸

◆広島会場
 日 時 :11月中(予定) 13:30〜16:30
 場 所 :未定
 講 師 :下山紀夫

◆東京会場(2回目)
 日 時 :未定  13:30〜16:30
 場 所 :未定
 講 師 :鈴木和史


以上