平成21年度第1回日本気象予報士会気象技能講習会「量的予報(気象予報技術)」の開催について
 

   平成21年度第1回気象技能講習会「量的予報(気象予報技術)」の開催について

 気象予報士の資格はいったん取得すると、現在のところその後の技能検定等はなく、恒久的な国家資格として有効です。しかしながら、気象の技術や知見は急速に発展しており、その一方で、近年は過去の統計値から大きく外れたいわゆる異常気象が頻発するようになってきました。

 このため、気象予報士が社会的に認知されるためには、最新の気象技術や知見等をもとに、現在の気象の特徴を的確に把握し予報する己の技能を常にアップデートし続けていなければなりません。

 このような現状に鑑み、気象予報士の皆さんがこの講習会を通じて、これまで培ってきた気象知識・技能の再確認を行うとともに、最新の気象知識・技術を学び、その応用能力の向上を目指すことを目的として、気象技能講習会を開催します。

 受講を希望される方は、所定の申し込み方法に従い、お申し込みください。

              記

   平成21年度第1回気象技能講習会「量的予報(気象予報技術)」

1.日時と会場:

【東京会場】
日 時: 平成21年4月12日(日) 13時30分〜16時30分(開場:13時)
場 所: 中央区 日本橋公会堂 第3・4号洋室


【静岡会場】
日 時: 平成21年4月26日(日) 13時30分〜16時30分(開場:13時)
場 所: 静岡県男女共同参画センター「あざれあ」第2研修室




2.講習内容:

 (1) 防災気象情報の拡充・高度化に伴い、予報作業はより高度なものになっている。
  このため気象予報士は、これまでの技術を基礎に最新の予報技術を身につける必要がある。
このため、今年度は気象解析の基礎として気象衛星画像の解析技術を学び、
最新の実況監視と解析技術の具体的事例として2008年の大雨事例を学ぶ。
 (2)気象庁では防災気象情報の拡充・高度化のために、
  新しい気象情報の提供・改善を行なっている。
  新しい、あるいは改善された気象情報の概要と特徴を知り、
  気象予報士としての適切な活用を図る。
 

3.講 師:



 ●下山紀夫さん
  《プロフィール》
  新東京航空地方気象台予報課長、東京管区気象台業務課長、気象庁予報課予報官、気象庁天気相談所長、岐阜地方気象台長、長野地方気象台長、鹿児島地方気象台長などを歴任。
 現在は(財)日本気象協会首都圏支社に勤務。
 主な著書は「最新の観測技術と解析技法による天気予報のつくりかた」「気象予報のための天気図のみかた」(いずれも東京堂出版)など。
 ●伊東譲司さん
  《プロフィール》
  1948年  福島県会津若松市に生まれる。
東京理科大学理学部物理学科卒業、気象庁予報部通報課で天気図のプロットに従事した後、横浜地方気象台、大島測候所に勤務し、大島噴火後の観測を経験。
銚子地方気象台予報官、気象衛星センター解析課(雲解析業務に従事)、気象庁予報課予報官(衛星画像を利用した局地解析を専門)、熊谷地方気象台技術課長、舞鶴海洋気象台観測予報課長、天気相談所予報官を経て退官後も再任用により天気相談所に在籍。
JICA研修講師、東京理科大生涯学習センター気象予報士養成講座講師。
これまで気象予報士会の千葉、埼玉、関西支部などで「衛星画像の利用の仕方」を講演。
著書「天気予報のつくり方」(共著:下山紀夫)東京堂出版、「雲解析事例集」(共著:気象衛星センター)



4.受講料:
   3,000円 
    (講習会資料代は含みません)


5.使用教材について:
(1)講義ノート  1部 500円
(2) 平成20年度量的予報研修テキスト 1部 1,400円
  ※受講申込と同時にお申し込みください。。

6.「気象予報士ハンドブック」割引販売:
定価:15,750円→講習会特別価格:13,500円
※受講申込と同時にお申し込みください。13,500円は会場特価です。
当日欠席された場合は、会場特価が適用されませんので、ご了承下さい。


7.受講者受付数
 【東京会場】95名
 【静岡大阪会場】25名

  ※定員に達した時点で受付を締め切ります。
  ※キャンセル待ちもお受けしますが、受講できない場合があります。
  
8.申し込み方法:

  会員情報管理ページ(https://center.camj.jp/)よりお申し込み下さい。
  会員情報管理ページの操作方法が分からない場合は、
  center@yoho.jp までお問い合わせ下さい。

【個人情報の取り扱いについて】
 この参加申込書(メール)にて収集した個人情報は、平成21年度第1回日本気象予報士会気象技能講習会についてのみ利用します。
 また、講習会終了後の事務処理等も含めた今回の講習会に係わる作業終了後に、ここで収集した個人情報は全て破棄します。


9.5月以降の開催予定:

5月23日(土)長野会場
5月23日(土)仙台会場
6月20日(土)名古屋会場
7月11日(土)大阪会場
7月25日(土)東京会場(2回目)
8月22日(土)札幌会場
9月12日(土)福岡会場
9月13日(日)岡山会場

※現状の予定です。都合により変更となる場合がありますのでご了承ください。
 募集開始については、別途Common-MLにてご案内いたします。

以上


日本気象予報士会事務センター


【参考】
平成18年度日本気象予報士会気象技能講習会
平成19年度日本気象予報士会気象技能講習会
平成20年度日本気象予報士会気象技能講習会
平成20年度第2回日本気象予報士会気象技能講習会

※大盛況の内に終了しました。