日本気象予報士会 第3回研究成果発表会 予稿集
日時:2011年2月20日(日)10:30〜17:00 (開場 9:50〜)
場所:田園調布学園中等部・高等部(東京都世田谷区)
主催:日本気象予報士会


案内、プログラム(230kByte)

目次(123kByte)

東京の無降水継続日数の順位分布と特徴(211kByte)

東京における1月の気温と降水量(55.5kByte)

5年移動データから見た台風の経年活動と気候変動(416kByte)

桜の開花に対する冬季の気温の影響について(192kByte)

2010年7月12日の愛媛県地方の大雨について 〜松山における大雨の成因と降水域の移動に関する考察を中心に〜(217kByte)

京都府宇治市の突風(ダウンバースト)(824kByte)

現地観測によるフェーンの検証(297kByte)

重さの微小変動と気象条件の関係(302kByte)

確率予測資料を利用した意思決定のモデルについて −確率予報を利用した意思決定に関する研究(第3報)−(41kByte)

台風0806号 −船舶遭難との因果関係についての考察−(196kByte)

出前授業を活用した気象教育の充実(223kByte)

新聞記事から読む“気象と私たちの暮らし”に関する研究テーマの創出 −気象予報士として相応しい研究テーマの探求−(379kByte)

信州の天気のことわざ検証 三登山の逆さ霧について(692kByte)

●過去開催分についてはこちら
第2回研究成果発表会

第1回研究成果発表会


当ページに掲載されている予稿集を閲覧する場合、PDF Reader(Adobe Reader等)をインストールする必要があります。
当ページに掲載されているコンテンツの著作権はすべて日本気象予報士会に帰属します。
当ページについての問い合わせはこちら