気象技能講習会

気象知識・技術を学び、その応用能力の向上を目指すことができる場として「気象技能講習会」を設け、【会場開催型】と【WEB配信型】の2つのスタイルで開催しています。

会場開催型 

  • 最新の気象知識・予報技能を学び、その応用能力の向上を目指します。
  • (全国各地で毎年開催しています)

 

  • 講習会では    
  • ・気象業務の改善事項の紹介を通じて、新しい気象情報の内容や使い方を習得します。
    ・顕著な気象事例の解説を通して、予報知識の習得を目指します。
    ・実習(2017年は週間予報についての演習)を通して、予報技能の実際を学び、習得を目指します。

 


WEB配信型 

  • 受講機会の均等化・自己の都合に合わせた自由な受講を目的に、インターネットを利用した自宅学習型の気象技能講習です。  

  • コンテンツ 
    ・最新の予報技術(会場開催型気象技能講習会の録画)。
    ・最新の衛星観測と気象解析・予報への利用。
    ・近年の強風・突風被害の特徴と被害軽減の対策および日本版改良藤田スケールの策定と実施。

 

Web講習会の画面例